Blog

 

西陣織とRoots

2020年05月21日

絹織物は中国が起源とされていて、紀元前5000年から蚕(かいこ)を家畜化して、カイコ蛾が出すまゆからつむぎだした糸で布を織ることから始まったといわれている。

前回ざっくりとご説明したように、二次元の絵を三次元の織物に昇華させる 設計図 兼 指揮官としての紋(もん)があるだけでなく、西陣織の世界にはもう一つ大切にされてきた、文(もん)がある。